Home > コマンド > mailコマンドの使い方

mailコマンドの使い方

Linux上でメールを読み書きしたり、メールの送信をするのに「mail」コマンドを使います。メールの一覧表示やメールの送信など、一通りの作業は、このコマンドで実行できます。また、シェル内でメールを送信する必要がある場合などには、この「mail」コマンドを使用すれば簡単に実装できます。

メールを読む

Linuxサーバにログインするとよく「You have new mail.」こんなメッセージを見ると思います。このメッセージが出ている時は、新着メールがある時です。内容を確認するには、「mail」コマンドを実行します。このコマンドが使えないときは、「mailutils」パッケージをインストールします。

user01@debian:~$ mail
"/var/mail/user01": 10 messages 1 new 1 unread
>R   1 user02        Tue Jun 17 11:10  18/584   Test1
 U   2 user02        Tue Jun 17 11:25  17/560   Test2
 N   3 user02        Tue Jun 17 11:40  15/539   Test3
&

「>」が先頭にあるメールが現在選択中のメールです。一覧の意味は、次の通り。

  • メールの状態:新着(N)、未読(U)、既読(R)、セーブ済み(S)
  • メール番号
  • 送信者名
  • 送信時刻
  • メールの行数/文字数
  • メールの題名(Subject)

「&」のあとに読みたいメールの番号を入力し、[Enter]を押します。

user01@debian:~$ mail
"/var/mail/user01": 10 messages 1 new 1 unread
>R   1 user02        Tue Jun 17 11:10  18/584   Test1
 U   2 user02        Tue Jun 17 11:25  17/560   Test2
 N   3 user02        Tue Jun 17 11:40  15/539   Test3
& 1
To: 
Subject: Test1
From: user02 
Date: Tue, 17 Jun 2012 11:10:14 +0900

Testmail to user01 from user02.
&

メールの内容が、複数ページの場合は、スペースキーで次ページに移ります。次のメールを読むには、「n」を入力、前のメールに戻るには、「-」を入力します。

メールを書く

「mail」コマンドを使ってメールを送る場合、「mail 宛先アドレス」のようにあて先のメールアドレスと共に実行するか、コマンド実行後、「&」のあとに「m 宛先」と入力すれば、メール作成開始です。

user01@debian:~$ mail user@hoge.co.jp
Cc:
Subject: Test
Send to Testmail from user01
.
&

上から順番に、「Cc:」の後には、ccで送る宛先を入力します。ccしない場合は、何も入力しないで[Enter]を押します。「Subject:」には、件名を入力します。入力後、[Enter]を押します。最後に、メール内容を入力します。終了するには、改行後、「.」を入力し[Enter]を押します。以上で送信完了です。

サブコマンドまとめ

「mail」コマンド実行後、&のあとに入力するコマンドの一覧です。

コマンド 動作内容
メール番号(数値) 指定した番号のメールを表示します。
n 次のメールを表示する。
- 前のメールを表示する。
p 現在選択中のメールを表示します。
h メールの一覧を表示します。先頭に「>」が表示されているメールが現在選択中のメールです。
m 宛先 宛先にメールを送信します。
r 現在選択中のメールに返信します。
d (メール番号) 現在選択中のメールを削除します。メール番号を指定した場合、その番号のメールが削除されます。
u メールの削除を取り消します。削除したメールを選択後、実行します。(一覧には、見えなくてもメール番号を指定すれば削除されたメールを選択できます。)
q 変更を保存し、mailコマンドを終了します。
x 変更を保存しないでmailコマンドを終了します。(メールの削除も保存されません。)

関連コンテンツ

Home > コマンド > mailコマンドの使い方

検索
管理情報

Return to page top